クリーニングの出来る汚れ

靴クリーニングを行うことで、買いたてのような美しい状態の靴を取り戻すことが出来ますが、そんな靴クリーニングは、具体的にはどのような汚れを落とすことが出来るのでしょうか?靴クリーニングで落とすことが出来る汚れには、このような汚れが挙げられます。

まず、土汚れやコンクリート汚れ、皮脂汚れなどを始めとした、歩いているうちにどんどんとついていくタイプの汚れです。このタイプの汚れは一度つくとなかなか落ちず、諦めてしまうという方も少なくありませんが、クリーニングに出しさえすれば、簡単に落とすことが出来るタイプの汚れでしょう。

次に、コーヒーなどを始めとした、普段は滅多につくことが無い、一度ついたら自力では洗浄不可能なタイプの汚れです。自力ではなかなか落とすことが難しいしつこい汚れの場合でも、クリーニングの洗浄力を駆使すれば、あっという間に落ちる場合が多いでしょう。

そして、靴底のガムや、靴の中のカビなど、なかなか気が付きにくいものの、自分で落としきるのは難しいタイプの汚れです。これらの汚れは少しでも残っていると不快感があるため、捨ててしまうという選択をする方もいるかと思いますが、捨ててしまう決断をする前に、クリーニングをしてみましょう。

カビの生えたシューズもOK

毎日お出かけの際に履く、靴。そんな靴ですが、使った後すぐにケアをせずに靴箱に入れたりすると、靴にカビが生えて、異常状態になる可能性が高いと言えるでしょう。万が一、カビがシューズに生えてしまった際にも、靴クリーニングが有効です。

靴クリーニングでは洋服のクリーニングと同じように、汚れやシミを始めとした、様々な状態をクリーニングすることが出来ますので、大切な靴にカビが生えてしまったと嘆かなくても、クリーニングに出しさえすれば、一発で解決すると言えるでしょう。

カビが生えるという事態はそうそうないと思うかもしれませんが、梅雨時などは実は特に危険です。じめじめとしている時期の場合、靴箱にシューズを入れていなくても、濡れた靴を放置しているだけで、靴の中や、靴底に、黒カビなどの恐ろしい症状が現れる可能性があります。諦めて捨ててしまうのではもったいないので、諦める前に、まずは靴クリーニングを利用すると良いでしょう。

一度靴にカビが生えてしまったら、自力で落とすのは非常に困難で、少しでもカビが残っていると、また繁殖する恐れがあると言えるでしょう。靴クリーニングであれば、そんな困ったカビ菌も、簡単に洗浄可能です。

靴クリーニングとは?

靴が汚れてしまった、靴にカビが生えてしまった、そんな時に重宝するのが、靴クリーニングです。靴クリーニングとは、どのような時に利用をするものなのか、靴クリーニングについてご説明します。

靴クリーニングはその名の通り、靴をクリーニングすることが出来るサービスです。服のクリーニングと同じように、靴の外側をはじめ、靴底、靴の中側まで、しっかり丁寧に洗浄し、まるで新品のような美しさを取り戻すことが出来るクリーニングケアを行っていきます。

そんな靴クリーニングですが、あまり知られていないものの、行っている店舗は多く、靴のお直しなどの店舗で一緒にクリーニングを依頼することが出来る店舗もあると言われています。もちろんこちらは店舗によって異なりますので、対象店舗かどうかを事前に確認しましょう。

靴クリーニングで落とすことが出来る汚れ類は非常に多く、汚れ以外にも、においなどを落とすことも可能ですので、見た目がそこまで汚れていないという場合でも、定期的にクリーニングに出してケアをしている方は少なくありません。クリーニング代金も、靴の種類によって異なりますが、服のクリーニングと同じような金額で行うことが出来る店舗も多く、複数持ち込みで割引が利く場合などもありますので、非常に利用がしやすいと言えるでしょう。

靴クリーニングを行う頻度は人によって異なりますが、汚れたときだけという方もいれば、数か月に一回という方もいるようです。